黒猫翁の言いたい砲弾

新聞やテレビを賑わしていることについて思ったことを書いていくページです。公開の備忘録?ですかねw

ダブル選挙の結果を受けて、近畿メガリージョン構想の修正が必要だと思いました

大阪ダブル選挙で「おおさか維新の会」が圧勝となりました。この政党は的外れな政治的主張もさることながら、限りなく詐欺的手法に近い政治活動にも眉をひそめるところがあって、内心、維新以外の候補を応援していました。特に自民党が掲げた「近畿メガリー…

大阪都構想の投票結果を考えてみました

下の表をご覧ください。 (↑作りこみ悪くてすみません) 上段は2011年の大阪市長選挙の投票結果です。このときの候補者は、橋下徹氏と当時現職だった平松邦夫市長の2名で、まさに今回と同じようなAかBかという二者択一を問う投票だったといえます。当時の…

橋下市長のラスト演説を文字起こししました

5月16日、なんば高島屋前で行われた最後の演説です。「今、負けています」という訴えはこれまでの市長の広報活動の中で何度となく繰り返していましたし、また、フライイング敗北宣言については結局行われませんでした。二匹目のどじょうは虫が良すぎると思っ…

大阪都構想の投票で勝つために両陣営がやるべきことは何でしょうか

一例として下のグラフをご覧ください。 黒線は大阪市の人口の年齢構成、ピンクの線は昨年3月の大阪市長の出直し選挙で実際に投票した方の年齢構成を示しています。(大阪市ホームページの統計資料より作成) これによると大阪市には40台以下の方々が比較的…

大阪都構想の投票までに言うべきことは言わないといけません

久しぶりのブログ――。 藤井氏の最近のご著書「大阪都構想が日本を破壊する」を読みました。維新の党のHPなどでこれまで主張してきたことが完全に論破されており、事実関係としてはこれで「勝負あった」というべきでしょう。(もっとも維新の党はこれまでも藤…

【経済】第一の矢「異次元の量的緩和」はホントに効いているのでしょうか?(3)

前回までは、日銀の異次元緩和によってマネタリーベースを爆発的に積み上げているにもかかわらず市中のマネーストックは一向に増えず、各銀行が持っている日銀当座預金にどんどんお金がブタ積みされている――という現状をお話ししました。 信用創造が働かなけ…

藤井氏に関する足立やすし衆議院議員のBLOGOSの記事が出ていました

BLOGOSは昔たまに眺めて楽しんでいたのですが一時期からコメント欄での罵詈雑言発言が多いときがあって以来ずっと見ていませんでした。藤井氏の一件でたまたま見たら維新の党の足立やすし衆議院議員の記事が出ていたので読んでみたのですが、ちょっとこれは…

藤井聡氏に対する維新の党の対応ぶりを分析しました(4)

3月6日に維新の党名義で京都大学山極総長に対して再度文書が発出されました。市長の新しい論点です。(怒りながら書いたからだと思いますが・・・)公式文書のわりには文章が継ぎ接ぎで論旨が非常に分かりにくいので、噛み砕いた形でご紹介します。原文はこれで…

藤井聡氏に対する維新の党の対応ぶりを分析しました(3)

ついこの前、橋下市長から、大阪市職員の一部に対して大阪都構想や住民投票関連のマスコミの取材を受けないよう要請がありました。市職員すなわち公務員の政治活動については法律上非常に抑制的ということもあり、あまり不思議に思わずスルーしてしまった方…

藤井聡氏に対する維新の党の対応ぶりを分析しました(2)

※ 事実関係(数字など含む)に若干不正確なところがあったため少しだけ修正しました(3/16) 藤井京大教授が「7つの事実」を公表して以来、維新の党――「大阪市長」とこれまで書いてきましたが各方面への抗議文書の発信者名が「大阪維新の会」から「維新の党…

藤井聡氏に対する維新の党の対応ぶりを分析しました(1)

当初は藤井京大教授と橋下大阪市長との建設的な議論の応酬をじっくりと考えようと思って書き出したシリーズ記事でしたが、藤井氏がインターネットで「7つの事実」を公表して以来、市長率いる「大阪維新の会」や「維新の党」という政治団体がどんどんおかし…

【経済】第一の矢「異次元の量的緩和」はホントに効いているのでしょうか?(2)

日本の場合はどうでしょうか。 まずはこの前の記事にアップした米・英データと同じ出典からご紹介しましょう。 前回と同様、赤い線がMBで、青がマネーストック、緑が金融機関の貸出です。 2001年から2006年にかけて日銀(当時の総裁は速水氏~福井氏)がM…

【経済】第一の矢「異次元の量的緩和」はホントに効いているのでしょうか?(1)

ひとつの国には大体中央銀行というのがあって色んなオペレーションをしてその国の経済をコントロールしています。そのなかに「買いオペ」というのがあります。買いオペというのは一般の金融機関が持っている国債を日銀が買い取ることで、その対価の支払にあ…

橋下市長はなぜ藤井氏への反論書面を出さないのか?理由はあります

最近、今回の橋下市長との話題に刺激を受けてそのお相手である藤井聡氏の業績や言論の内容について調べているのですが、そのなかで早稲田大学の原田泰(ゆたか)氏と書面論争が行われていました。 原田氏は「リフレ派」を代表する経済学者で、ついこの前、日…

藤井内閣参与と橋下大阪市長の戦い方はとんでもなく違います

マスコミは分かり易い構図が大好きですから「バトル勃発継続中!」などと煽りたがりますが、その後の経緯を追っているとお二人の反応は全く噛み合っていないことが分かります。 お互いの主張が論争の進展によって錯綜してきたということではなく,まったく論…

これまでの橋下市長の反論について

2月14日の記者会見で橋下大阪市長は、公開討論については「やっても大体結論は見えている」ので今後は討論を求めていかない旨発言したようです。 【橋下氏語録】藤井教授とのバトル混戦模様…「びびらずに仲間連れてきて」と挑発気味に公開討論要求 “参戦”平…

橋下氏の賛同者はナイーブな方が多いと思いました

藤井氏への攻撃にこういうものがありました。 <こチンピラ>藤井聡が橋下市長との討論から逃亡 - YouTube これは2月10日にアップされたバージョンですが、この動画自体は藤井氏が本件について情報提供するために立ち上げた「サトシフジイドットコム」の表紙…

政令指定都市をやめるべきかどうか

政令指定都市から外れて普通の市に戻るというのはどういうことでしょうか。これは逆から考えると理解しやすいと思います。つまり 「政令指定都市になることで市はどう変わるのか?」 を把握することです。普通の市に戻るということはこれの逆の影響があると…

最近さらに知名度が上がった藤井聡さんについて調べてみました。

藤井聡内閣官房参与――ネット上で突然勃発した橋下大阪市長との舌戦ですっかり有名になりました。 私自身はネットの動画や静画を通してお顔を存じておりますし,内閣参与としてのこれまでの活動や成果もおおよそ把握しておりますが,普段から政治・経済に特に…

7つの事実論争――双方の主張サイトを探してみました。

前の記事を書き終わって色々ネットサーフィンしておりますと、藤井内閣参与が最近作ったページを発見しました。これです。 http://satoshi-fujii.com/ うん、分かりやすい。論争の経緯もわかるし今回の藤井氏の主張が「7つの事実」に集約されていることも分…

ヘドロチック動画を見てみました。

橋下大阪市長と藤井内閣官房参与のやり取りが最近よく取り上げられています。 橋下市長の記者会見で言われていた「ヘドロチック」なる動画がどういうものか確認してみました。 http://www.shukannishida.jp/nishidavision-fujii.html そしたら動画自体はなん…